田舎に移住するために、知っておきたい7つのこと

誰もが憧れるスローライフ。
今回はそんなスローライフを実現するべく、私達が知っておきたい移住のための7つの知識を勉強していきましょう。
移住に際しては、沢山の補助金や公的資金が用意されています。
気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

住宅や土地の選定

まずは、田舎での生活に適した住宅や土地を選ぶことが大切です。
交通のアクセス。田舎でも近隣に交通の便の良い場所があります。近隣に駅やバス停があるか、車でアクセスしやすいかなどを検討する必要があります。
そして、周辺環境。周辺に学校や病院、スーパーなどの生活施設があるか、美しい自然があるかなどを見てみましょう。土地や建物の状態が良いか、家は修繕やリフォームが必要な箇所があるかなどを確認する必要があります。間取りが自分に適しているか、必要なスペースがあるかなども忘れずに。
土地によっては、災害が起きやすい場所もあるので、土地や建物が風圧や災害に強いか、防災対策が十分かなども確認する必要があります。

生活費

田舎生活は都市生活に比べて生活費が安い場合もありますが、交通費や買い物などにかかる費用も見積もっておく必要があります。
田舎の生活費は、都市部に比べて安いことが多いですが、地域によって異なります。一般的に、都市部に比べて家賃や食費、交通費などが安くなる傾向があります。ただし、都市部に比べて娯楽施設やショッピングモールなどが少ないこともあり、趣味やスポーツなどの活動に関しては費用がかかる可能性があります。また、地方では医療や教育などのインフラも不足することがあり、これらにかかる費用もかさむ場合があります。

仕事と収入

田舎に移住する場合、仕事や収入に関しても検討する必要があります。近隣に適した仕事があるか、自分のスキルを活かせる仕事があるかなど。
田舎での仕事と収入については、地域によって異なります。一般的に、都市部に比べて就職先や就労機会が少ない傾向がありますが、これは地方の経済発展度や産業構造にも関係します。ただし、地方では人口の減少や貧困問題などが問題となっており、政府や自治体が地方創生のための支援を行っている場合もあります。これにより、新しい産業や事業が生まれることがあり、就職先や就労機会が増加する可能性もあります。また、地方で働く人々は通常、都市部に比べて働き方やライフスタイルが自由な傾向がありますが、同時に仕事内容や給与水準については都市部に比べて低い場合もあります。具体的な収入や仕事内容については、地域や業種などによって異なるため、詳細に調べてから判断することが重要です。

社会的な環境

田舎に移住すると、都市とは異なる社会的な環境に身を置くことになります。新しい社会的な環境に適応することが大切です。
田舎の社会的な環境は、都市部とは異なる特徴を持っています。一般的に、都市部に比べてコミュニティー意識が強い傾向があり、仲間意識や協力関係が強いことが多いです。また、都市部に比べてスピード感やストレスレベルが低いこともあり、ゆったりとした生活が送れるというメリットがあります。ただし、地方には都市部に比べて文化やスポーツ、娯楽などの施設が少ないというデメリットもあります。また、就職先や就労機会などに関しても都市部に比べて不足している場合もあります。
このように、田舎の社会的な環境にはメリットとデメリットがあり、個人のライフスタイルや価値観などによって適しているかどうかが異なります。自分自身に合った環境を選ぶことが重要です。

福祉施設や医療施設

田舎に移住する場合、近隣に福祉施設や医療施設があるかなども見積もっておく必要があります。
田舎において、福祉施設や医療施設に関しては、都市部と比較して不足している場合があります。一般的に、都市部に比べて施設数やスタッフ数が少ないということが多いです。また、専門的な施設や設備も都市部に比べて少ない場合もあります。このため、特に医療関連の施設や福祉施設などに関しては、都市部に近い場所に住むことが重要となる場合もあります。また、地方自治体などが福祉や医療の施設整備を進めている場合もありますので、具体的な地域について調べてから判断することが大切です。

天候や自然環境

田舎に移住すると、都市とは異なる天候や自然環境に身を置くことになります。自分に適した天候や自然環境があるか検討することが大切です。
田舎は都市圏から離れた場所で、自然環境や天候に関連する特徴があります。例えば、田舎は大自然に囲まれた地域であり、都市圏とは異なる空気や水質、風景などが特徴的です。また、田舎では、都市圏よりも天候の変化が強い場合もあります。

コミュニティー

田舎に移住すると、新しいコミュニティーに身を置くことになります。コミュニティー活動や友達作りなど、社会的な関係も検討する必要があります。
田舎に住むコミュニティーは、都市圏とは異なる特徴を持ちます。例えば、田舎のコミュニティーは密度が低く、近隣の人々との繋がりが強い傾向があります。また、田舎のコミュニティーでは、家族や友人、地域社会などの関係が重要であり、コミュニケーションもより密なものになることが多いです。さらに、田舎のコミュニティーでは、自然や伝統的な文化などを大切にする傾向もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。移住の際には様々な選択が必要になりますが、それと同時にたくさんの人からの応援がいただけることも事実です。もし、このようなことをしたいが、公的な支援を受けられないか?と思った方は、ぜひこのサイトで補助金・助成金を探してみてください。

募集期限間近の補助金・助成金

  1. 締切まで221
    募集期間
    ~2025年01月31日
    上限金額・助成額
    30万円

    【砂川市】中小企業広告宣伝支援事業補助金

    0 0 votes
    Article Rating
    921
    0
    0
    経済部 商工労働観光課 商工振興係
    市内中小企業者の広告宣伝事業を支援します!
    • 砂川市
    • 宣伝・販路拡大
    • ~30万円
    • 1/2 (50%)
  2. 締切まで249
    募集期間
    2024年03月01日 ~2025年02月28日

    【甲府市】ユニバーサルデザインタクシー導入促進事業費補助金

    0 0 votes
    Article Rating
    825
    0
    0
    リニア交通室交通政策課交通政策係
    ユニバーサルデザインタクシー車両本体の購入費用の一部を補助します!
    • 甲府市
    • 設備投資
    • 連携(地域活性化)
    • その他
    • 定額
  3. 締切まで250
    募集期間
    ~2025年03月01日
    上限金額・助成額
    350万円

    【北区】都市防災不燃化促進事業

    0 0 votes
    Article Rating
    965
    0
    0
    東京都北区 まちづくり部 まちづくり推進課、十条・王子まちづくり推進担当部十条まちづくり担当課
    「不燃化促進区域」に耐火建築物を建築する方に、建築費の一 部を助成
    • 北区
    • 効率化
    • 連携(地域活性化)
    • その他
    • ~500万円
    • 10/10 (100%)
    • 定額
  4. 締切まで280
    募集期間
    2022年04月01日 ~2025年03月31日
    上限金額・助成額
    35万円

    【苅田町】次世代自動車購入費補助金

    0 0 votes
    Article Rating
    670
    0
    0
    環境課
    脱炭素社会への転換を推進するため、次世代自動車を購入する方に費用の一部を補助します!
    • 苅田町
    • 設備投資
    • 運転資金
    • 連携(地域活性化)
    • 経営改善等
    • 再生・事業継承
    • その他
    • ~50万円
    • 1/20(5%)